DAI KATSURAGAWA
 / alt_ design studio
     

Architectural Design


  01. Annex H

  02. MAC

  03. Green Field Edge         
  04. Hut Y   
  05. Hut H
  06. Hut N    
  07. Room F(New)     
  08. Village H 
  09. Village M(New) 



Exhibition Design


  10. Group Show TMAM 2020 
  11. The Tale of Architecture     
  12. alternative greenhouse
  13. Assembridge Nagoya
  14. Group Show N/BFMA & Space JCE
  15. iichiko design at KHM(New)



Fieldwork


  12. alternative greenhouse
  16. Signs of Mobility(New)

  17. Material Fieldwork in Okazaki

  20. Nagoya Olympic Research Collective



Collective

  


  18. Parallel Projections 2019
  19. Aichi Triennale 2019
  20. Nagoya olympic research
  21. Art Play Ground      
  22. IAMAS Community Archive
  23. Rehearsal T/N  
  24. Okazaki Design Chalet



Text / Books



  25. Flagmental Image Game   
  26. Retro typing
  27. Architects of the Year    
  28. Tokyo Kenchiku Collection
  29. master’s thesis    
  30. Annexible


Previous works


  31. Eagle Woods House
  32. Make Alternative Space
  33. Calavan of MA-DO


Mark










alt_design studio



alt_design studio では,  個人住宅から文化施設まで,  さまざまな建物の設計を行っています.

建物を設計するにあたっては,  建物だけでなく, 周囲の環境や構造, まちづくりからよく考慮して,  建物のもうひとつの可能性(オルタナティヴ)を追求し,  計画しています.  

建築設計以外の業務についても,展覧会の会場構成や場づくりなど,お気軽にご相談ください.  


At alt_design studio, we design various buildings from private houses to cultural facilities.

When designing a building, we are pursuing and planning another possibility (alternative) of the building, taking into consideration not only the building but also the surrounding environment, structure, and town development.

Please feel free to contact us regarding work other than architectural design, such as exhibition venue composition and venue creation.






Studio


Nagoya Studio | 〒451-0042


名古屋市西区那古野2−5−5



Gifu Studio       | 〒505-0027

岐阜県美濃加茂市本郷町9−17−49




桂川  大 | Dai Katsuragawa




1990       岐阜県生まれ
2013       職業能力開発総合大学校 卒業
2016       名古屋工業大学大学院博士前期課程 修了
2016-18  Eureka
2019-      名古屋工業大学大学院 博士後期課程 / RA 在籍
2019-      alt_design studio 主宰



Award / exhibition
 

2016       トウキョウ建築コレクション2016 入選・出展 
2017       日本建築設計学会『Architect fo the Year』入選・出展
2018       IAMAS 「羽島プロジェクト」 出展  
2019       あいちトリエンナーレ 大学連携教育P アシスタント(アーキテクト)
2019       アッセンブリッジナゴヤ(アーキテクト)
2020       都美セレクション2020 入選・出展(アーキテクト) 
2020       清須市はるひ美術館「物語としての建築  - 若山滋と弟子たち展- 」 (アーキテクト)
2021       旧ボストン美術館「都市の方舟/Arc of The City 我々は何に乗り何処へ行くのか?」 (アーキテクト) 
2021       清須市はるひ美術館「ミスマッチストーリィ 河北秀也のiichiko design 」 (アーキテクト)

 
Talk  

2016       トウキョウ建築コレクション2016
2017       日本建築設計学会『Architect fo the Year』|「alternative greenhouse」について
2018       IAMAS 「羽島プロジェクト」
2020       HOP SCOTCH 01 「コロナ前•後の建築都市と建築家の働き方」
2020       都美セレクション2020|「都市計画は誰の夢?」藤村龍至 × 風間サチコ 

























< Access >
Nagoya Office 名古屋市西区那古野2−5−5
Nagoya Office 2-5-5 Nagono, Nishi-ku, Nagoya City

「名古屋駅」、地下鉄鶴舞線「丸の内駅」より徒歩10分
10 minutes walk from “Nagoya Station” and “Marunouchi Station” on the Subway Tsurumai Line


←ストリートビュー|street view






< Recruit >

01. 【 2021 − 2022 アルバイトスタッフ】の募集  




alt_では随時、アルバイトスタッフを募集しております。本事務所のこれまでの業務や射程を超えて、様々な領域から常に建築を問うことができ、共に楽しみながら考えること。かつ、好奇心あるポジティブな環境を作り、持続的にスタジオを育てられればと思います。

これまで、alt_は常にスタジオとして大きな看板を立てるのではなく、フィールドワークや空間の構成、デザインのアシスタントやコーディネートのように、チームの一部としての業務も多く積み重ねていますので、集団(チーム)の一員として動ける方を広く募集しています。

At alt_design studio, we design various buildings from private houses to cultural facilities. When designing a building, we are pursuing and planning another possibility (alternative) of the building, taking into consideration not only the building but also the surrounding environment, structure, and town development. Please feel free to contact us regarding work other than architectural design, such as exhibition venue composition and venue creation.



01. ご連絡はこちらへ → d.katsuragawa※aa-dk.jp ※→@にしてご連絡ください

02. 【Entry Sheet】 を送付しますので記入頂きます

03. 面談をする機会を設け、条件や勤務日、プロジェクトについて等、ガイダンスを行います

04. 業務の性質・適正を判断し、正式に採用の連絡を経て、参加して頂きます



これまでのアルバイトスタッフの受け入れ  
愛知県立芸術大学/愛知工業大学/芝浦工業大学/情報科学芸術大学院大学(IAMAS)/長岡造形大学/名古屋芸術大学/名古屋工業大学/名城大学 




02. 【 2021 − 2022 リサーチのアシスタント 】の募集  


alt_では夏頃の成果発表を目処にフィールドワークのプロジェクトを進めております。これまで建築に限らず、「設計」においてフィールドにダイブし、体感し、話し、手で記録することを行ってきました。今回は都市の中にある「対象」の実測、スケッチ、撮影をはじめ、分析を含めたアシスタントを募集します。

At alt_, we are proceeding with a fieldwork project with the aim of announcing the results in the summer. Until now, I have been diving, experiencing, talking, and recording by hand in the field of "design", not limited to architecture. This time, we are looking for assistants including analysis, including actual measurement, sketching, and photography of "objects" in the city.





SIGNS OF MOBILITY - 日常の「移動」空間にあるシンボルたちとそのランドスケープ -



フィールドワークの目的|リアルに「みる」こと


今回、夏頃からはじまる展示の会場構成を担当することになり、地下鉄広告を展示物として扱うことから、名古屋市営地下鉄の駅構内を見てまわるようになった。
そのうちに実際に利用者の広告に対しての視線、歩行、距離などリアルな状態を観察するのはどうか、と考えるようになった。
64箇所の広告が点在している名古屋市営地下鉄の駅構内空間で、広告という対象に限らず、交通の空間に存在するモノや象徴的な意匠、設えなどシンボルたちを捉えることはできないか。その結果を会場構成として展示空間にフィードバックし、リアルに「みる」状態を再現する。


RECRUIT |メンバーの募集



内容:都市の中にある「対象」の実測、スケッチ、撮影をはじめ、分析を含めたアシスタント

募集定員:1〜2名 
→ 学生に限らず、広く募集します。(単なる手を増やす材としてではなく、その後も共に学ぶ機会を作り、意識的に「設計」について知を吸収いただける方、歓迎です)


連絡はこちらへ d.katsuragawa※aa-dk.jp ※→@にしてご連絡ください



「みる」ことへの導入|視線と目線



リアルに「みる」という行為を慎重に考えてみたい。その例として視線と目線がわかりやすい。どちらもよく使う用語だが、並べて比べると、違いを考えることはこれまでなかった。
視線は「目で見ている方向」という使い慣れた言葉である。一方、目線には「目で見ている方向」という意味に加えて、「ある立場における、ものの考え方」という意味合いを持っている。つまり同じ視界の中でも、考え方や行為によってその見え方は全く異なる。観察者として、客観的に日常の人の視線でリアルに「みる」こと。

実際の建築設計においても同様に「視線と目線」のテーマに敏感になりたい。



拙い情報になってしまいますが、過去にAIJ主催のパラレルプロジェクション「メディアプラクティス」で紹介したページ過去のリサーチプロジェクトなど参考にしていただければ、幸いです。引き続き、このテーマについて深く考えていく試みを持続できればと考えています。






< Portfolio>

【 最新プロジェクトのポートフォリオ 】 






弊社の仕事に興味がある方、インターン/アルバイトを考える学生の方など、最新のプロジェクトのポートフォリオについて、閲覧を希望される方はぜひSNSのDM、E-mailなどでお問い合わせください。閲覧用のURLをお送り致します。